Please choose

■Delicious way to eat / 上手なパンの食べ方

Senboku-do workman teaches delicious way to eat

泉北堂職人が教える上手なパンの食べ方

パンは保存方法や、焼き直しの仕方でおいしく食べることができます。
ここでは泉北堂職人が上手なパンの食べ方を紹介しますので是非お試しください

【バタールなどのハード類】
<<購入後>>
冷暗所でなら2〜3日の常温保存が可能です。食されるときは、表面を霧吹き等でさっと湿らせ温めておいたオーブントースターで焼いてください。焼き立ての香ばしさを取り戻します。
<<保存方法>>
お好みの大きさにカットし、冷凍庫にて保存します。食されるときは、温めておいたオーブントースターに軽く湿らせたパンを凍ったまま入れてください。
<<食べ方>>
焼き立てにバターを添えていただくのが1番シンプルでポピュラーでしょうか?
チーズやワインとの相性も抜群です。朝食から夕食まで豊かな時間をお約束します。
【クロワッサン類】
<<購入後>>
はらりと落ちる繊細な衣をまとった彼らにとって、時間は大敵です。私達も出来れば焼きたてをすぐに食べて頂きたいのが本音です。バターもたっぷり使用しておりますので当日〜翌日以内に食してください。オーブントースターでサッと焼いて頂きますと、サクサクの衣によみがえります。
<<保存方法>>
出来る限りその日のうちに食べてもらうのが1番ベストなのですが、どうしても保存するとなれば冷凍庫で、食されるときはそのままオーブントースターで焼き上げてください。
<<食べ方>>
湿気の多い日本ではどうしてもすぐにしなってしまいます。やはり醍醐味は立ち上がるバターの香りとサクサク感。少し時間が経ってしまったり、翌朝食べられるときは、軽くオーブントースターで焼いてからお召し上がりください。
【食パン類】
<<購入後>>
パンの風味、食感を損なわないようその都度スライスして召し上がっていただくのがオススメです。
<<保存方法>>
翌朝以降は、好みの厚さにスライスし、冷凍庫で保存してください。そのままトーストするとおいしくお召し上がりいただけます。
<<食べ方>>
シンプルにバター等で、もちもちの食感、国産小麦特有の甘み、旨みを楽しみください。お好みのジャムやクリームなども相性バッチリです。

※冷蔵庫での保存、電子レンジでの温めは極力控えてください。